背中を隠すために我慢してきたファッション

これまで着るのを避けてきたお洋服達

これまで着られなかったお洋服たち

 

背中ニキビのせいでお肌が荒れていると、とにかく着られるお洋服は「人から背中が絶対に見られないもの」に限定されてしまいます。

 

なので、お買い物に行ってお洋服を見る時も、まずは可愛いデザインやサイズなどをチェックするより、

  • 背中が隠れるか
  • 襟元がピッチリしているか

というようなことばかりを見てしまいます。

 

仕方がなかったことですが、これって結構悲しい習慣になっていました。
当時は、かなりオシャレの幅が限定されていましたね。

 

さらに、そういった洋服はどうしても地味になってしまい、性格までも地味に見られがちなのもデメリットだと思います。

 

そんなわけで、背中にきびに悩んでいた時に、着たかったけど着られなかったお洋服を思い出してみたいと思います。
共感してもらえる方は、きっと同じような悩み持ちの方ですね。

 

可愛いドレス

披露宴や二次会に呼ばれた時に、地味なドレスしか着れませんでした。
袖付きのワンピースにボレロまで付けてガッチリとガード!

 

そんなデザインのドレスは基本的には濃紺しか選べないので、ものすごい地味。。いやいやオシトヤカな淑女風でしたよ。

 

タンクトップ

夏はタンクトップ1枚で出かけたい衝動にかられますが、着たくても着られませんでした。

 

さすがに20代中盤過ぎだったので、キャミソール1枚という選択肢はありませんでしたが、気軽にキャミ1枚にもなれない生活って不便なものですよね。

 

水着

夏にプールや海に誘われても行けません。
水着になったら、さすがにずっと何かを羽織っているのは無理なので、そもそも誘いをお断りするしかありませんでした。

 

とはいえ20代中盤になると、そもそもそういった誘い自体ほとんど無かったので大丈夫でしたが、少し悲しかったのが川辺でのバーベキューでしたね。

 

皆けっこう薄着になって川に入ったりするのですが、私は断固Tシャツです笑
濡れて着替えることになっても面倒なので川にも入れませんでした。

 

地味に見られることのメリット

デメリットの紹介ばかりでは悲しいので最後にメリットもあげておきたいと思います!
地味なファッションをしていて良かったことは「ガードの固い女」として見られることでしょうか。

 

ガードの固い女が好きな男性には気に入られると思います。
モテるというよりは異性の友達として気に入られる感じですね。

 

その後、恋愛に発展するかどうかは運命次第で、決して地味に見られるから恋愛できないというわけではないと思います。
ただ私の場合はやや自信喪失ぎみだったので恋愛はしませんでした。


背中にきびを治す為にした2つの対策はこちら!